So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

機内で映画(10) [雑感]

4週間ぶりの更新は、「機内で映画」シリーズ10回目。(タイトルで明記しませんでしたが前回の "COCO" が 9回目、あと "Moana" が7回目だったようです。ってどうでもよいですね (^_^ゞ)

2018年1月に米国で公開され、日本では 5/4 ~ 現在も劇場公開中の「ホース・ソルジャー」(原題:"12 Strong")実話に基づく戦場もの… 130分 と少し長め(?) なので「最後まで眠らずに観れるかな?」と思いましたが、大丈夫でした。いつものごとく内容については書きませんが、退屈せずに観終えることができました。

で、例によってここでの話題はその音楽についてとなるわけですが。ず~っと「うーん、Transformers と雰囲気がソックリ…」と思っていました。Transformers の一部の曲のような "盛り上がり" はないのですが、ずっとある種の "緊張感" を感じさせる、まさに「背景音楽」でした。打楽器と金管楽器(とくに Trombone)(とあと "チェロ" も…) の使い方がとても心地よい。「同じ作曲者(Steve Jablonsky) ではないとしても、これ絶対 RCP だろ!」と思ったら、やっぱりそうでした。"12 Strong" + score で Google 検索すると Hans-Zimmer.com のページ が3番目に出てきます… (ここで数曲をつなげた Suite を聴くことができます)

作曲は Lorne Balfe という Scottland 出身の方だそうです。自分は今回初めて認識しましたが、映画の他に、Skylandersシリーズなどの Game の音楽もつくられたようですね。あと「攻殻機動隊」のハリウッド実写版 "Ghost in the Shell"(2017) も… というわけで気になったので、帰りの機内では彼が音楽を担当した "Geostorm"(2017) も観てみました。(こちらも Hans-zimmer.com で Suite が聴けます)う~む。やはりこれも雰囲気がとても似ています。こちらの方が Transfomers 的なエモーショナルな盛り上がり感はあるかも…!? でも "打楽器" が前面に出てくる感じは少ない… これは "戦場場面" と "地球規模の危機に立ち向かう心理描写" という違いかもしれない。なんてね。でも2つ合わせるとほぼ Transformers になる感じですよ (笑) (旋律の感じとしては Geostorm の方が圧倒的に Transformers に近いですね。)

と、まぁ自分がたまたま聴きこむことになった Score を基準に 好き勝手なことを書きましたが、やっぱり自分は映画音楽(的なもの、を含む)が好きなんだなぁ、と再認識したのでした。






nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

COCO (リメンバー・ミー) [雑感]

2か月以上も更新できませんでした [もうやだ~(悲しい顔)]
ブログ更新つづけるのもなかなかむずかしいもんです。。。

さて、最近の出張の機内で Pixer アニメの「リメンバー・ミー」(原題: COCO) を鑑賞しました。日本では 3/16 公開で、まだ劇場で観られるのですね (^_^) (ネタバレ要素はありませんのでご安心を…)

例によって "音楽もの" ということで観てみたんですが、当然のことながらボロボロ泣きました [わーい(嬉しい顔)]
やっぱりね、"音" あるいは "音楽" の記憶って 強い というか、深く刻まれるし それを聴いていた状況との "結合" も強いんですよね。これまでにも何度か書いているのですが、直近でいうと息子が弾く80年代の曲のギターの音のせいで自分も中高生の頃に戻った様な感覚になって、つい(当時の)友達 に対するのと同じように話しかけてしまったりしますからね… (^o^ゞ

それはそうと、主人公の ミゲル・リヴェラ(Miguel Rivera)くんの声をやっている13歳の Anthony Gonzalez 君。歌声が と~っても Jackson 5 の頃の Michael に似ていると思いました。う~ん、全体的には 当時の Michael よりも少し大人びた声なんですが、高音で伸ばしたところ だけ を聴くと 少年だった Michael の歌声を思い出したというか… ま、そう感じるのは自分だけかもしれませんけれど。

というところで、Disc を買ったりはしないと思いますが、Amazon Prime 対象になったらまた家族で観てみたいと思う映画でした。(まだ映像商品はないのでサントラのリンクを貼っておきます)






nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

School of Rock [子供]

久しぶりの更新となりました。今回は 映画 の話題 (^o^)

毎度、当ブログで映画を話題にするときは、その音楽に関して書くことが多いわけですが、今回もまぁそんなところです。とはいっても "サントラ" についてではないのですが…

例によって上の子が Amazon Prime Video でタイトルに書いた School of Rock という映画 (2003年のアメリカ映画、Richard Linklater監督、Jack Black主演) を見つけまして。(う~む、このところ当ブログはすっかり「中学生観察日記」と化してますね…(^_^ゞ)
多分、アイコン(DVD/BD のジャケット写真)の Gibson SG に魅かれたんでしょうね[わーい(嬉しい顔)]
学校が入試休みで時間がある時に家族で鑑賞したのでした [わーい(嬉しい顔)] 実は、見つけてから実際に鑑賞するまでにタイムラグがあった間に Prime Video 対象からはずれてしまって ¥199.- 支払う必要があったのですが、結果的には家族全員 大満足 でした[exclamation]
いや、最初から DVD or BD 買った方がよかったか? というくらい、レンタル期間の 48時間 に全編を2回と、部分的には何回も観てしまいましたよ! (^o^)// Blu-ray 買ってしまおうか、とも思いましたが、今のところ思いとどまっています。(特典映像などを考慮すると DVD の方がよいという説あり)

それよりも、途中の Mr. S の ロック(の歴史)講座の全てをうちの子に受けさせたい、なんて思ったり (^o^;;; とにかく、'70~80年代の Rock を聴いていてかつ Rock に目覚めた子供を持つ自分にはいろいろな意味で素晴らしい映画でした[exclamation×2]

映画の内容はここで自分が書くよりも Amazon のレビューや WIkipedia などを見ていただいた方がよいと思いますが、とにかく最後の "バンド・バトル" の演奏はもう涙が止まりませんでした。。。[もうやだ~(悲しい顔)] 上の子の期待も裏切らず、主人公は Angus Young と同じ半ズボンの制服姿でステージに立ち、どことなく Shoot to Thrill を捩った様な "School of Rock" (曲)を演奏、さらにアンコール~エンディングでは AC/DC の "It's a Long Way to the Top" を演奏するという…(あぁ、なんということでしょう…)

そして後日知ったことには[exclamation] 映画製作時に 10歳前後だったキャストたちが大人になった10年後の Reunion の様子が YouTube で観られるという驚きの事実[exclamation] うちの子が大学生になる頃にはどうなっているのだろうか?と(ン十年前の自分を振り返りつつ)想像を膨らませてしまいました。

いやぁ、映画って(そして Rock って)本当に素晴らしいですね \\(^o^)//



#一応サントラもあるようですが、これはまぁいいかなぁ、、、





nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

You Shook Me All Night Long [子供]

正月の帰省で Les Paul レプリカ (1980年 Tokai製) を入手([exclamation]) してからというもの、上の子のギター練習(AC/DCのコピー)のボルテージもうなぎのぼり[グッド(上向き矢印)] 毎日熱心に弾きこんでいます [わーい(嬉しい顔)]

昨年夏休み以来、Bon Scott 時代の曲を含めて7~8曲の リフ や バッキング(Malcolm のパート)をず~っと練習していましたが、そんな中で初めて 曲を通して(ギターソロを含めて)マスターする曲を 表題 の You Shook Me All Night Long に定めたようです。(Back in Black も8割がた弾けていますが…)う~ん、この曲 父さんも好きだな。そんなわけで 毎晩のように隣の部屋から漏れてくるエレキ・ギターの生音 を聴かされるこちらもたまりません。子供が寝た後、密かに原曲を聴いて自分の "メモリ" (頭の中の音) を補正し直す毎日となっております (^o^;;;

かの曲はもうあと少しでマスターできることでしょう。いろいろと口を出したくなるのをこらえる日々も終わろうとしています [わーい(嬉しい顔)](いぇ、3回ほど余計なお世話のアドバイスをしてしまったんですけどね… けっこう素直に取り入れてくれましたヨ...[るんるん]

ずーっと前に、トロンボーンとトランペット(多分どちらも by Tromba)で親子でセッションしようか、なんてことを書きましたが、今となっては 今度 2人ともヒマなときにギターx2+ベースと、それからドラムのスティックを持って一緒にスタジオに入って AC/DC の曲で盛り上がろう[グッド(上向き矢印)] な~んて思っていたりする今日この頃です。いや、単に自分が久しぶりにドラム叩きたくなっただけなんですけどね... (^o^ゞ








nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

骨董品 と 発掘品。 [歴史]

2018年になって早くも 10日 が過ぎてしまいました (^o^ゞ

毎年、ブログ更新ペースの目標を立ててきましたが、ぜんぜん達成できていませんね…
2017年目標は 月4回と書きましたが、それには遠く及ばず なんと月平均 2.6 回でした。トホホ... [ふらふら] まぁ、今年もせめてそのペースは維持していきたいと思います。(月平均 2.5 回[exclamation])よろしくおねがいします m(_ _)m

さて、タイトルは、年末年始に帰省した際に持ち帰って来たいくつかの品々のことです。

一つ目は、「骨董品」 またの名を オールド・ギター [わーい(嬉しい顔)]
Back in Black (album) 発表の年である1980年製、Tokai の Love Rock model --- Gibson Les Paul の "コピー・モデル" です。
自分がエレキギターに目覚めて初めて買ったもので、今はもう社会人になった甥っ子に貸していた(というか、あげたつもりだった)のですが、使っていないということで返してもらったのでした (^_^;; AC/DC をコピーすることにハマっている上の子が「え~、そんなのあるなら弾いてみたい!」といったので。
なんだか 2000年代になって "Japan Vintage" とかいって持ち上げられて、高値で取引されていたりするようです[exclamation&question] が、それはともかく、分厚いメイプル2ピース・トップ、マホガニー1ピースネックにローズ・ウッド指板、マホガニー1ピースのボディ・バック、さらに PU は 1958年製 Les Paul に使用されていたのと同じコイル素材 (PU本体にPAF表記あり) というこだわりの 当時でいうところの "オールド・レス・ポール" のレプリカ (^o^[あせあせ(飛び散る汗)] (実際、いい音しますよ。)
とりあえず、頑張って自分で Gibson SG を買えるようになるまで 代わり に使うギターとしては申し分ないでしょう (^o^)// (ちょっと重いけどね…)

いやしかし。当時、20数年前に製造されたもの (本物) を "オールド" といっていたわけですよね。これ、37年前の製造ですよ、レプリカだけど。もう、十分に "骨董品" と言えますね(笑)

でもって、2品目は発掘品。1年半以上前のこの記事(2016-05-10) で書いた「Beatles の歌本」。ギターである程度コードを弾けるようになった子供が「持って帰りたい!」と。。。
ギターを弾くようになってからこれまで Beatles の曲を弾こうとしたことはありませんでしたが、帰って来てからは何曲か弾いているようです。弾き語りにはいたっていませんけれども… (^o^ゞ

そして最後は 1980~81年の Young Guitar 誌を何冊か…(これも発掘品) 今読むと、それちょっと違うんじゃない?みたいな奏法の解説とかもあってあまり実用的ではない気がしますが、Angus が表紙のやつとか、カラー写真ページに AC/DC が出てくるやつ。Malcolm の白いフルアコの写真もありました。ほとんど処分されてしまっていた中で奇跡的に残っていたのがなんとも不思議です…

なんにしても、息子が ロック・ギターに目覚めたおかげで、自分も彼と同年代の頃まで歴史をさかのぼってしまった年末年始だったのでした [わーい(嬉しい顔)]

DSC_01852.jpg


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -