So-net無料ブログ作成

Live...in the Heart of the City [歴史]

という Live アルバムがありました。 1980年に発表された Whitesnake というブリティッシュなバンドの。(うわぁ~ もう37年も前だ~ (@_@;))

2か月ほど前の Brian May がグルグル という記事を書いてから、3~40年前の([exclamation]) ロックをあれこれ聴いているなかで Amazon Music アプリの "おすすめ" にこのアルバムに収録されている曲が出てきまして。 幸い Prime 対象になっていたので アルバム を通して聴いてみました。

メンバーは 第3期 Deep Purple - ( Guitar, Bass ) + ( Twin Guitar, Bass ) で、一応 当時は "ハードロック" に分類されていたように記憶していますが、いわゆる ブリティッシュ・ハードロック とは違って "ブルース・ロック" ですね、これは。Wikipedia によれば Vocal の David Coverdale はもともとブルースに傾倒していたのだとか。。。

これまでにも書いているとおり ツイン・ギター のバンドが好きで、このブログを始めて間もないころの 2014-03-15 のこの記事 でも Whitesnake を好きな(だった、が正しいか…)バンドの例として挙げていたのですが、実はず~っとながいこと聴いていませんでした。

このアルバムを聴いていた当時、KISS や Deep Purple をはじめとしてわりと "様式美" 的な ハードロック を好んで聴いたり演奏したりしていたのですが、この当時の Whitesnake のテイストはそれらとは違うのに、なぜか LP盤 も そこからコピーしたカセット・テープも擦り切れるぐらい聴きこんでいたのを思い出しました。Queen と同じく ほぼすべてのギター&ベースのフレーズはうたえちゃいますね [わーい(嬉しい顔)] 家で一人で "レコード" かけながらそれにかぶせて弾く以外には演奏したことがありませんが、その後の自分の演奏スタイルは無意識のうちにこのアルバムからたくさんの影響を受けていたんだなぁ、と今更ながらに気付きました。

中でもとくに Bass の Neil Murray さん。(あぁ、この人、その後 人見さんと一緒に Vow Wow にいたんだっけ…) 学生時代にオリジナルのバンドをやっていた頃の自分のベース・ラインの作り方は、この人の影響がすご~く大きかったんだなぁ。

と、どーでもいい回想ばなしでした。
#が、いやしかし、David Coverdale の Vocal、今聴くと 和田アキ子 にソックリな気がする (>_<)
## あぁ、そういえば 和田アキ子さんも 基本、ブルースですよね(笑)




nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。