So-net無料ブログ作成
検索選択

「四月は君の嘘」楽曲集 (プレイリスト@Amazon) [クラシック]

出張時の機内エンターテインメントで 「四月は君の嘘」 という映画を観て、使われていた 音楽 に涙した、ということを少し前に書きました。

その後、Amazon (Prime) Music で それらの曲ばかり探して聴いていたら、”「四月は君の嘘」楽曲集" というプレイリストを "おすすめ" されました [わーい(嬉しい顔)] それで聴いてみたのですが、これは 原作 に出てくる楽曲を集めたものなのですね。 なので、大好きな パガニーニのカプリース は出てきませんでしたが、さすがに 主人公がピアニストなだけあって、ピアノ曲がたくさん で、すっかりはまってしまいました (^o^) 毎日のように入眠時に聴いています。 前の記事には 「サントラ買ってしまうかも」 と書きましたが、某J-POP の主題歌とかいらないので、Amazon Music でいいかなぁ、と思ってしまいました [わーい(嬉しい顔)]

その理由としては。。。 物語の中で(原作は知りませんがすくなくとも映画の中では) 主人公が小さい頃にお母さんが弾く "愛の悲しみ" が子守歌だった、ということでしたが、自分も小学生の頃、家族(母ではありませんでしたが)が弾く ピアノの音 を聴きながらよくうたた寝していたな~、と とても懐かしく思い出されたりして。このプレイリストに含まれているような高度な曲ではありませんでしたが、今でも その頃聴かされていた ピアノ曲を聴くと 眠くなってしまうんですよね… (^_^;;

原作(少年コミック) を読みたいとは思いませんが、このような音楽に出会うことができてやっぱり 「機内エンターテインメント」 もいいものだなぁ、とあらためて思ったのでした。

そういえば "類似" のプレイリストとして 「のだめカンタービレ」楽曲集 というのも出てきました。
あぁ、「四月は君の嘘」 について 制作が同じ テレビ局 であることもあって 「のだめの二番煎じ」 という批評もあるようですね。 たしかに主人公が 演奏に対して何かしらの障害を持っていることと、"ぶっ飛んだ演奏をする" ヒロインが出てくるという点は似ていますね。 どちらも クラシック音楽 を "大衆" に広めた という功績はあるのでしょうね。

それについて自分が思ったことは。 今は マンガに出てきた曲を聴きたいと思ったら YouTube で検索したらきっと聴くことができて。 自分が マンガ を読んでいたころにはそんなことはできず、出てくる楽曲を知らなければそれがいったいどんな音楽なのか知ることはできなかったのです。 いやぁ、よい時代になったよなぁ。 今となっては当然の環境と思ってしまっていますが、しかし一方で、職業柄もあって "著作者/実演者" への還元はどうなっているのだろう、と心配であったりもします。(その点、Amazon Music は安心のはず、です。)


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。