So-net無料ブログ作成

新しめのロック (笑) [子供]

先週から今週にかけて絶賛 期末試験期間となっている上の子(中三)ですが、相変わらず音楽聴きながら勉強していますよ。。。 ときには 他の家族から迷惑といわれて ヘッドフォン着用で[exclamation] でも、そうすると鼻歌(ベースラインの)とか、机をたたくとか、かえってウルサかったりするんですけどね (^_^;;

で、少し前まで ひたすら "クラシック" なロック(1960年代~80年代前半) ばかり聴いていたのですが、時代が進んで来ました[exclamation×2] な~んていってもまだ ニルヴァーナ とか Red Hot Chili Peppers とかの 80年代デビュー組なんですけれども…(^o^ゞ いや~、ココから現代のロックまで追いつく道のりは遠いなぁ~ [わーい(嬉しい顔)] って、これらはとうも 「ジョジョ~」 からではなく、アル・ヤンコビックのパロディー つながりみたいなんで、やっぱり十分 古い ですね [ふらふら]

ともあれ、順調に ロック少年 として成長しているようでうれしい限りな一方で、「ちゃんと学校で友達いるのかな?」 と少し心配にもなってしまうのでありました。



nice!(6)  コメント(0) 

やっぱりベース… [子供]

にしたらしい [わーい(嬉しい顔)]

出張から帰ってきたら、あらゆるギター類のケースが筆者の寝室(というか、納戸[exclamation&question])の床に平置きで並んでました (^o^[あせあせ(飛び散る汗)] そのうち エレキ・ベース だけ、なぜか剥き出しになっておりまして。。。まぁ、これだけ ハードケース がないのでそのせいもあるとは思ったのですが、なぜか ストラップ までついていまして。。。

子供に尋ねたところ、やっぱり "Another One Bites The Dust" のベースをコピーしようとしていたんだと (^o^)/
おいおい、"クラシック・ギター" はもうやめたんかい! という突っ込みは ともかく、続けて話をしてみると、「ベースとギターはチューニングが違うのか?」 との質問が[exclamation]

うーんと、その答えは「いや、ギターの低い方の4本の弦とおなじだよ。」 となるわけですが、「それだとなんか音が合わないんだけど。。。」 と [ひらめき]

おぉ! 君はするどい[exclamation×2]
以前書いたように、自分も高校生の頃にこの曲のベースをコピーしていましたが、当時、LP レコードを 正しい回転数でかけると、この曲のピッチは E ではなくて F に近いんですよね。。。(^_^;; なので自分は懸命に F でコピーしていたのですが、それだと 1フレットと4フレットの組み合わせになって大変ツラい[あせあせ(飛び散る汗)] そのころこの曲を ベース・ギター でプレイする機会は仲間内の遊びのセッションくらいしかなかったのでそのまま 頑張ってやってましたが、後に ミュージック・ビデオ で観たらなんと John Deacon 氏、解放弦 (つまり E) で涼しい顔で弾いているではありませんか [ふらふら] ていうか、(怒) ですよ、これは。思いっきりダマされた (笑) Van Halen の半音下げは知っていたけれど、「テープ速度を早くしてピッチを上げる」 というトリックには気付いていませんでした。 Queen の曲には他にも ピッチが微妙な曲がいくつかあるようですね (^_^ゞ

で、現代っ子(死語!?) であるうちの子は、はなから F である可能性を考えず、というか、「そんな弾きにくいフレーズであるワケがない」 と思ったらしい。 (というより、そんな弾き方思いつかなかったのかも?)
まぁ、そこは謎ですが、"世代" を超えて 同じことをしているという、なんともまぁ 嬉しいような、進歩がなくて寂しいような、そんな今日この頃なのでありました [わーい(嬉しい顔)]

# ↓ に original LP レコード の Amazon リンクも置いときますが 発表年を示す目的であって 購入をお薦めするものではありません… m(_ _)m





nice!(9)  コメント(0) 

クラシック・ギター [子供]

なぜだかわかりませんが、上の子(中三男子、トロンボーン小僧) が突然 「クラシック・ギターを弾きたい」 といい出しました。

この連休の旅行中も、車中での選曲を任せたらさんざん Queen & Beatles をかけてくれていたのですが、なんでだろう。(かけていた楽曲でクラシック・ギター(ガットギター)を使用しているものはなかったと思うのですが…)

ちょうど2年前のこの記事(「低音好き(4)」) では「ベースを習得させてやろう」 なんて書いていたのですが、その前に クラシック・ギター だと。。。(^_^[たらーっ(汗)]

その2年前の記事に『自分が 「ベース」 の真似事を始めたのは中学3年生の頃なので、それと比べると少し早いですね。自分の場合は "ガット・ギター" の低音4弦をつかって 「耳コピー」 でマネゴトをを始めたわけで、初めて 「エレキ・ベース」 を弾いたのは 高校一年生 のときでした。』 と書いた通り、自分も最初に弾いた "ギターの類" の楽器はガットギターだったわけで、なんというか、結局 "蛙の子は蛙" なのか? と思ったりもしますが、彼の場合はこの先 "真っ当なクラシック・ギターの道" をすすむかもしれないので(?)なんとも言えませんね[わーい(嬉しい顔)]

ともかく、この連休中はひたすら クラシック・ギター の基礎練習 に励んでいたのでした。 やれやれ。。。

自分も楽器に関しては "気が多く" ていろいろやったクチなので、ここはあたたかく見守っていきたいと思います。 幸い我が家には小中学生の頃に クラシック・ギター をキチンと習っていた者がいるので、自分は余計な口を出さないようにしようと思います[exclamation×2]


nice!(8)  コメント(0) 

アルバム タイトル曲が そのアルバムには入っていない件。 [子供]

続けてどうでもいいことなのですが。。。

最近 Queen 聴きまくりの上の子供が 「Queen の Sheer Heart Attack が入った CD が欲しい。」 といってきました。

(私) 「え!? Sheer Heart Attack ならあるじゃん。」 (うちにあった Queen の CD は全て渡してあります)
(子供) 「いや、Sheer Heart Attack っていう CD はあるけど、それには その曲 は入ってないよ。」

ガーン[がく~(落胆した顔)] そんなことがあるんだ。 30年以上知らなかったよ (^o^[あせあせ(飛び散る汗)]

で、探してみたものの やっぱりうちには Sheer Heart Attack (曲) が入ったアルバム (News Of The World) はありませんでした [ふらふら]

"Yahoo! 知恵袋" によれば 作者の Roger Taylor とのこんな Q&A があったのだとか…

"Q;「News Of The World」に“Sheer Heart Attack”という曲が入っているけど、この曲は「Sheer Heart Attck」を出した頃書いた曲? A;いや、あのアルバムから曲のタイトルのアイディアを得たのは確かだけれど、仕上げるのにはずいぶん時間がかかっているんだ。中途半端なままになっていたものを仕上げて、結局「News Of The World」に入れたんだけれど、奇妙なことに古い曲だったにもかかわらず、あの時代によくマッチする曲だったと思うよ。 と、答えています。“あの時代”とはもちろん、イギリスのパンク・ムーブメントのこと。"


そうだったのか。全然知らなかった。たしかにこの曲、あまり聴いた記憶がないのでした。記憶の中では Sheer Heart Attack に入っている Stone Cold Crazy とゴッチャになっていたのかもしれない [ふらふら] リアルタイムで聴き始めたのは アルバム "Jazz" の頃だったんですよね。。。

なにはともあれ、中学3年生になった息子が、自分が中高生の頃に(まぁその後も、ですが)聴いていた音楽を 毎日々々 繰り返し聴いているというのは なんというか、感慨深いものであります [わーい(嬉しい顔)]

「ジョジョ…」 さまさまですね \\(^o^)//







タグ:Queen
nice!(13)  コメント(0) 

英語の授業で John Lennon [子供]

あぁぁ、3週間以上も放置してしまいました (^^[あせあせ(飛び散る汗)] これでは全然年初の目標に届かない…[ふらふら]
てなことは、おいといて。

ある日のこと、中学2年生の子供が 「うちに John Lennon の CD ある?」 と。。。
なんでも 英語の授業 で Imagine の歌詞を題材にするのだそうで。

いいよなぁ。自分の頃にはなかったよ、そんなの。
そういえば以前 夏休みの宿題で 「英語の曲の歌詞を書いてくること」 ってのもあったっけ [わーい(嬉しい顔)]

おかげさまでうちの子、とても楽しく英語を学んでいるようであり、得意科目になっているようです。
年初の記事三つ前の記事に 「Queen を聴きまくっている」 と書きましたが今もそれは続いていて、さらにはネットで検索した対訳付の歌詞を印刷して覚えて10曲くらいは完璧にうたえるようになっているようです (^o^;; #そういえば Beatles は歌詞カードを "熟読" していた割に 歌おうとはしていなかったのに なんでだろう… 何か "魂に共鳴するもの" があったのだろうか。。。

で、件の Imagine もあっという間に覚えてしまいましたよ。(これは歌詞カードいらなかったみたい[ひらめき]

よかったなぁ、英語好きになってくれて。 やっぱり音楽と英語ってつながっているよね、と、あらためて感じているところです。


タグ:英語 歌詞 Queen
nice!(7)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。