So-net無料ブログ作成
検索選択

「卒業」 (五嶋龍さん) [音楽一般]

本日の 「題名のない音楽会」 『2500回記念(2) ウィーンのスーパースター軍団と音楽家たち』 の終わりに サプライズ… 五嶋龍さんは、3/26 の回を最後に 「題名のない音楽会」 の司会を卒業されるそうです。

なんというか。。。 もちろん残念な気持ちはあるのですが、一方で "そうでなくちゃ" と思う自分がいます (^_^)
五嶋龍さんが何年も司会を続けることは想像できなかったというか… こんなところで演奏者としての時間を削っている場合じゃないよね、というか。。。

「音楽活動の拠点であるニューヨークと往復しながら番組の司会をすることと 自分がやりたい音楽活動 との両立が難しい」 とおっしゃっていましたが、もともとやりたかったこともあるのでしょうけれど、この一年半の間、様々な音楽家の方々と番組をつくってきた中で湧き上がってきたものもあるのではないか、と、勝手に想像しています。 本日放送分の クラシックというジャンルにとらわれない演奏をするウィーンフィルのメンバーを中心とした超一流の演奏家のグループ 「フィルハーモニクス」 もそうですし、以前とりあげた Jeff Mills 氏との回もきっとそうだと思いますし、"兄弟子" である 葉加瀬太郎さんとの共演からも大きな刺激を受けられたのではないでしょうか。

この1年半の間、"龍くん" の、リスナーとして、また演奏者として、音楽を楽しんでいる姿をたくさん見させていただきました。視聴者の自分もと~っても楽しませていただきました。 これから 五嶋龍さんが創っていかれる 音楽 に "ものスゴく" 期待したいと思います。 (あれ?日本語変ですかね (^_^;;; )

ところで本日出演の 「フィルハーモニクス」[exclamation] 楽しかったですね [わーい(嬉しい顔)] 大好物ですよ[exclamation×2]
とくに "Englishman in New York" の演奏では子供たちも 「それじゃ~ ヴァイオリン じゃなくて ウクレレ じゃん(@o@)」 と目を丸くしていましたよ[わーい(嬉しい顔)]
そして大人たちが思ったことは… 「N響の人もこういうのやって欲しいよね~」 なんて。。。(笑)
(実際にはこういう演奏もされているのかもしれません。でも、それをテレビでみせて欲しいよね~、ってことで m(_ _)m)

[2017/3/10: The Philharmonics による "Englishman in New York" の YouTube ビデオを埋め込んでいましたが、"This video is private" と表示されるようになってしまったので削除しました。現在も YouTube で(たぶん別のvideoが)見られますが "Embedding disabled by request" だそうで。しかし、こちらの演奏は "ウクレレ"的 Violin のピッチずれが気になるなぁ…(^o^;;]

さて、番組自体は間もなく 3/5 の放送で2500回を数えるそうで、50年以上続いているそうですが (自分が子供の頃も父が好きだったのでよく観て(観させられて[exclamation&question])いました (^ ^;;)
次の司会者の石丸幹二さんにも期待してこれからもずっと続いて欲しいと思います。





nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

行進曲(マーチ)。 [子供]

最近のうちのトロンボーン小僧、2年前に卒業した 鼓笛隊 でやっていた 某海軍の行進曲を思い出しながら吹いています。

なんで? と思って聞いてみたら、中学校のクラスに 自分と同じように 吹奏楽部には入らなかったけれど トランペット を吹く友達がいて、最近はいろいろな "マーチ" の話で盛り上がっている(というか、彼に教えてもらっている)のだそうで。 たぶん、二人で口笛で プチ・アンサンブル(笑) を楽しんでいるんじゃないか、と。その彼と仲良くなったきっかけは、とある学校行事で吹奏楽部が演奏した 「コンバットマーチ」 をうちの子が気に入って 口笛で吹いていたのにその子が気づいたことだったそうなので (^o^)//

そんな "マーチ" たちの中には 「クワイ河マーチ」 (original は "ボギー大佐" Colonel Bogey March)なんてのも入っていて(これはもっぱら口笛で吹いてますが[わーい(嬉しい顔)]) 「あ~、父ちゃん その曲がテーマ曲だった映画(「戦場にかける橋」 原題: The Bridge on The River Kwai) を子供の頃にみたな~」 と、とても懐かしかった、というか あの 口笛のフレーズが頭の中をグルグルしだしたりして。。。(^_^ゞ

それはともかく、とってもい~じゃないか (^o^) あと一人か二人(できれば一人は中低音パートで[exclamation] チェロとかチューバ、あるいは "バリサク" とかならサイコー[exclamation×2]) が見つかれば来年の "器楽合奏発表会" や 高校生になってからの 文化祭 でなんかやれそうだ[るんるん]

なにはともあれ、日々音楽を楽しみつつ、愉快な学校生活をおくって欲しいと思います。


nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ツイン・リード。 [音楽一般]

ずいぶん久しぶりの更新となりました。。。(^_^ゞ

実はですね、、、ご存知の方も多いと思いますが 国内最大シェア(たぶん)を誇る 某検索エンジン の仕様がとうとう変更されてしまいまして、その検索エンジンから当ブログを訪問してくださった方々の "検索ワード" が得られなくなってしまったのです。 (世界最大シェア(たぶん)の某検索エンジンはず~っと前からごく一部の例外ケースを除いて "検索ワード" は得られなかったのですが…) なので、何を話題にしたらよいのかわからずに 更新できなかったんですよ[もうやだ~(悲しい顔)] (というのは 理由のほんの一部ですけれど [あせあせ(飛び散る汗)]

そんな中で[exclamation] 昨日と今日、本当のところはわかりませんが "題名のない音楽会" および/または "五嶋龍" さん関連の検索で当ブログを訪れた方が多かったようです[exclamation×2]

ふむふむ、1/22 の放送では 五嶋龍さんのヴァイオリン演奏が堪能できましたね [わーい(嬉しい顔)] とくに、以前記事にした "同門" の葉加瀬太郎さん との共演もあり (^o^) 龍くん(とあいかわらず書かせていただきます) の嬉しそうな表情も見ることができました[exclamation×2] 演奏の方はもっとハメを外して欲しいような気がしないでもなかったですが(エラそうですみません m(_ _)m) ツイン・ギターのロックバンド好きとしては 「やっぱりツイン・リード はいいよなぁ~[わーい(嬉しい顔)]」 と、楽しませていただきました[るんるん]

というわけで、他にも注目[exclamation]すべき 共演 も ソリストとしての演奏もありましたが、久しぶりの更新は こんなタイトルになりました。。。


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

洋楽への目覚め。 [子供]

当ブログを始めてから3回目の新年を迎えました。(日付は変わってもう 1/6 です (^_^ゞ)

昨年の一回目の更新で 「本年も月5回程度の更新ペースで続けていければなぁ、と思っております。」 と書きましたが、実際には一年間で 41 回の更新に留まりました。。。 はぁ、目標の約 2/3 ですね…[ふらふら]
というわけで、今年は 月4回を目標に頑張ってみようと思います。 そんなロー・キーな当ブログですがお付き合いいただけましたら幸いです m(_ _)m

さて、この年末年始は諸事情により上の子(中二男子)と二人で旅することになりました。 好きな CD 持って来いよ! といっておいたら Beatles の Blue & Red Albums に加えて Queen の The Greatest Hits を持ってきていました。(他にも Transformers や HTTYD のサントラも "やっぱり" 持ってきていましたが [わーい(嬉しい顔)]

ビートルズの CD を聴きながら 歌詞カード を眺めて 英語学習をしているようだ、ということは以前書きましたが、「おぉ、そうか、、、とうとう勝手に洋楽(ロック)に目覚めたか[exclamation]」 と思ったのでした。 ですけれどね? どうも一番反応しているのが Another One Bites the Dust なんですよね。う~ん、ベース好きここに極まれり… と思ったりもしたのですが(なにせこの曲は自分が中高生時代にいろんなベースをコピーしまくっていた頃に出会った思い出の曲なので (^^ゞ)、な~んだ、いやなんのことはない、この曲が彼の好きな「ジョジョの奇妙な冒険」 の "スタンド名" (ってなんですか[exclamation&question]) の 元ネタ である、というワケなんですね。。。[わーい(嬉しい顔)] あぁ、たしかに Killer Queen にも反応していたな。

あ~、えぇっと、調べてみると他にもたくさんあるじゃないですか。(バンド名とか曲名とかごっちゃ混ぜのようですが) う~んと、ほとんどの アーティスト/曲 の CD うちにあるよ、たぶん。 おいおい見つけていってね。

とまぁ、なんだかよくわかりませんが、こんな "目覚め" もアリだよね。 と思った2017年の幕開けでした。


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ベートーヴェンは 本当に凄い。 [クラシック]

二年前に こんな記事 を書いていますが、我が家では年末は毎晩 ベートーヴェン演奏会 なのです。って、録画されたものを楽しんでいるだけですけれども (^o^ゞ  (もちろん、年末以外は聴かないわけでもありません (笑))

日本ではなぜか年末といえば "第九" ですが、うちではベートーヴェンの交響曲なんでもあり、順番に(必ずしも番号順ではありませんが)楽しんでいます。本日は クリスティアン・ティーレマン指揮のウィーン・フィル(@楽友協会ホール)で 交響曲第6番 「田園」 でした。 ティーレマン先生 も(一日で、ではないですが (^_^;;) このホール、オーケストラでベートーベン交響曲 全曲 を録音されているんですね。 うちにはそのうち あるとき NHK で放映された第4~6番 の録画があるのでした。

さて、第6番での中で好きなのは 低音弦パートが活躍する 第3楽章、第4楽章ですね。この時の演奏ではコントラバスは8本もありましたよ。 いえ、第2楽章とかの低音弦楽器がピチカートでゆっくりとベースラインを奏でる部分もいいんですけどね。 って、結局低音パート中心に聴いてしまうんですよね。 もちろん オーボエとかファゴットとかホルンとか (ってこれらもわりと中低音域?) ピッコロとかの好きなフレーズもありますけれど。。。

ところで恒例の大晦日 「ベートーヴェンは凄い!」 公演は、今年も コバケン先生 が全曲指揮されるようですね。いつかまた行きたいなぁ~。 今年も すでに入場券は完売なようですが、いつかまた行くことができるその年まで、ずっと続いて欲しいと願っています [わーい(嬉しい顔)]


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽