So-net無料ブログ作成
検索選択

Live...in the Heart of the City [歴史]

という Live アルバムがありました。 1980年に発表された Whitesnake というブリティッシュなバンドの。(うわぁ~ もう37年も前だ~ (@_@;))

2か月ほど前の Brian May がグルグル という記事を書いてから、3~40年前の([exclamation]) ロックをあれこれ聴いているなかで Amazon Music アプリの "おすすめ" にこのアルバムに収録されている曲が出てきまして。 幸い Prime 対象になっていたので アルバム を通して聴いてみました。

メンバーは 第3期 Deep Purple - ( Guitar, Bass ) + ( Twin Guitar, Bass ) で、一応 当時は "ハードロック" に分類されていたように記憶していますが、いわゆる ブリティッシュ・ハードロック とは違って "ブルース・ロック" ですね、これは。Wikipedia によれば Vocal の David Coverdale はもともとブルースに傾倒していたのだとか。。。

これまでにも書いているとおり ツイン・ギター のバンドが好きで、このブログを始めて間もないころの 2014-03-15 のこの記事 でも Whitesnake を好きな(だった、が正しいか…)バンドの例として挙げていたのですが、実はず~っとながいこと聴いていませんでした。

このアルバムを聴いていた当時、KISS や Deep Purple をはじめとしてわりと "様式美" 的な ハードロック を好んで聴いたり演奏したりしていたのですが、この当時の Whitesnake のテイストはそれらとは違うのに、なぜか LP盤 も そこからコピーしたカセット・テープも擦り切れるぐらい聴きこんでいたのを思い出しました。Queen と同じく ほぼすべてのギター&ベースのフレーズはうたえちゃいますね [わーい(嬉しい顔)] 家で一人で "レコード" かけながらそれにかぶせて弾く以外には演奏したことがありませんが、その後の自分の演奏スタイルは無意識のうちにこのアルバムからたくさんの影響を受けていたんだなぁ、と今更ながらに気付きました。

中でもとくに Bass の Neil Murray さん。(あぁ、この人、その後 人見さんと一緒に Vow Wow にいたんだっけ…) 学生時代にオリジナルのバンドをやっていた頃の自分のベース・ラインの作り方は、この人の影響がすご~く大きかったんだなぁ。

と、どーでもいい回想ばなしでした。
#が、いやしかし、David Coverdale の Vocal、今聴くと 和田アキ子 にソックリな気がする (>_<)
## あぁ、そういえば 和田アキ子さんも 基本、ブルースですよね(笑)




nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

コンクールの演奏としては。。。(機内で映画 (6)) [雑感]

例によって出張の機内で、「四月は君の嘘」 という映画を観ました。

泣きました (T_T) ただただ、劇中で使われていた音楽を聴いただけで。

最初が 「パガニーニ:24のカプリース Op 1 第24番 イ短調」 これは原作には出てこないようですが、ヒロインがヴァイオリンのコンクールで弾くシーン。
次は「きらきら星変奏曲(モーツァルト)」 主人公の少年がカフェで弾く(が、途中でやめてしまう)シーン。
続いて「サンサーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ」 ヴァイオリン・コンクール 本選(?) で主人公と2人で演奏するシーン。
それから 「クライスラー作曲愛の悲しみ;ラフマニノフ編曲ピアノソロ版」 一連のコンクールのガラ・コンサートにヒロインが現れないため主人公が独演するシーン。
最後に「ショパン:バラード 第一番 ト短調」 主人公がピアノ・コンクールに出場して演奏するシーン。

1曲目は、以前の記事で "聴き比べ" (異種格闘技)的に書いたことがあるとても好きな曲。その中でも、今でも 五嶋龍さんのデビュー・アルバムでの演奏が一番好きな演奏で。 ヒロインの演奏に対して "審査委員長" 的な人の 「なにもかもデタラメ、こんなのは作曲者に対する冒涜だ!」 というコメントが挿入され、もう一人の ややクズレた 審査員は 「コンクールの演奏としてはありえない。だが、面白い。」 とコメント(笑) 一方、クラシック音楽なんて知らないヒロインの同級生の 「他の人と違う。なんだか一番楽しそう」 というコメント。そして聴衆はこの演奏に一番心動かされたという描写。。。 なんだか 幼少のころから アマチュアのクラシック音楽家 が身の回りにたくさんいる環境で 「クラシックはつまらない」 と思い込んでしまったことを想い起させるものがありました (^o^;;;

2曲目。 うちの子はまだほんの一部しか弾けませんが大好きで自主的に練習している曲。なんだろうか。うまく表現できないが、幼い子でも容易に弾ける 原曲 (変奏になる前の冒頭部) から "壮大な音楽の世界" に導いてくれるというか、これを聴くといつも頭の中にいろいろなことが浮かんできてワケもなく涙がこぼれてくるのです (T_T)

3曲目と5曲目は聴いたことはあったものの、それほどなじみのない曲。でも、この映画の中での演奏ではジーンとくるものがありました。

4曲目。ヴァイオリンでの演奏は何度も聴いたことがありましたが、ラフマニノフのピアノ・ソロバージョンは知らなかったのでした。ゾクゾクしました。YouYube ではこれにヴァイオリンを乗っけたバージョンすらありましたが、その必要はなく、ヴァイオリンの音は勝手に頭の中で鳴っていました。

なんだろうな。実際に、いまだに "コンクールでの演奏" が 一定の 型 にハマっていないといけないものなのかどうか知りませんが (たぶん、国内では "あるレベル" まではそういうのがあるのかもなぁ、という気はしますが)、 音楽演奏の醍醐味は「誰かがこういったから」 などということに縛られることなく 自分の感性のままに"楽しんで" 演奏することにつきるよなぁ、と思いました。

映画そのものについては、登場人物の年代からして通常なら自分みたいな おっさん が観るような映画ではないのですが (^_^;; 限られた選択肢の中で ”音楽もの" ということで選んだのでした。こういう "出会い" があるから 機内エンターテインメント もよいものですよネ (^o^ゞ

あとから調べてみたら少年コミック (月刊少年マガジン連載、全11巻) が原作なのだそうですが、限られた時間でストーリーを成立させるために省かれてしまったエピソードも多いようで、やや無理な感じではありました。エンディングで泣いた、という感想もたくさん見受けられますが、"おっさん" は それよりも ただただ 音楽に聴き惚れて、何度も観(聴き)返しては涙していた、というお話でありました [わーい(嬉しい顔)] もしかしたら サントラ 買ってしまうかも (^o^)//






nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「五嶋龍 原点回帰の音楽会」 [音楽一般]

本日の 「題名のない音楽会」、 五嶋龍さん司会の最後の回でした。
そして、本日のタイトルは 「五嶋龍 原点回帰の音楽会」 でした。

五嶋龍さんが7歳で コンサートデビューしたとき 前司会者の 佐渡豊さん指揮で演奏した パガニーニの 「ヴァイオリン協奏曲 第1番」第1楽章 を演奏してくれました。(思わず オデッセイ 見直してしまいました。が、比較するのはやめておきます (^ ^;;;)

本日の放送でも、とても楽しそうに演奏されていました。ヴァイオリンのいろいろな奏法の解説が字幕で出ていましたが、やっぱりスピッカートが一番かな。あと ハーモニクス(って出てましたが、フラジオレットの方が一般的?)。オデッセイで幼い龍くんを見て スゲェ~ って思ったのもこれらの奏法だったんですよね。単に自分が無知だっただけなんですが、それまで意識したことがなかったので。 そして、これらの奏法って "ロック" に通じるものがあるように感じるんですよね。 これまた 単に 後世のロック・ギタリストが ヴァイオリンのこれらの奏法を真似して ギター で弾いていただけなのかもしれませんけれども。。。

いずれにしても、これからはまた五嶋龍さんの演奏を 気軽(or お手軽)に 聴けなくなってしまうのはとても残念ではありますが、これからの 音楽活動 に期待したいと思います[exclamation]

一年半の間、番組の司会をしていただきまして 本当に有り難うございました m(_ _)m


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

英語の授業で John Lennon [子供]

あぁぁ、3週間以上も放置してしまいました (^^[あせあせ(飛び散る汗)] これでは全然年初の目標に届かない…[ふらふら]
てなことは、おいといて。

ある日のこと、中学2年生の子供が 「うちに John Lennon の CD ある?」 と。。。
なんでも 英語の授業 で Imagine の歌詞を題材にするのだそうで。

いいよなぁ。自分の頃にはなかったよ、そんなの。
そういえば以前 夏休みの宿題で 「英語の曲の歌詞を書いてくること」 ってのもあったっけ [わーい(嬉しい顔)]

おかげさまでうちの子、とても楽しく英語を学んでいるようであり、得意科目になっているようです。
年初の記事三つ前の記事に 「Queen を聴きまくっている」 と書きましたが今もそれは続いていて、さらにはネットで検索した対訳付の歌詞を印刷して覚えて10曲くらいは完璧にうたえるようになっているようです (^o^;; #そういえば Beatles は歌詞カードを "熟読" していた割に 歌おうとはしていなかったのに なんでだろう… 何か "魂に共鳴するもの" があったのだろうか。。。

で、件の Imagine もあっという間に覚えてしまいましたよ。(これは歌詞カードいらなかったみたい[ひらめき]

よかったなぁ、英語好きになってくれて。 やっぱり音楽と英語ってつながっているよね、と、あらためて感じているところです。


タグ:英語 歌詞 Queen
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

Amazon Prime Radio [雑感]

昨年、Amazon Prime Music に関して2回ほど書きました。("2016-04-13", "2016-04-30") その後も提供される楽曲(というよりも "レーベル" というべきか…)はそれなりに増えているようで、以前よりも "聴きたい" と思って検索したときに見つかる曲が増えました [わーい(嬉しい顔)]

一方で "ラジオ" (というより日本では "有線放送" に近い感覚ですけどね、もともとラジオ放送では米国のようにジャンルごとの専門局とかないので)も聴いたりするのですが、こちらは "いまひとつ" な感じです。なんでか、、、と思いついた理由をあげてみると。

1) なんだか 聴いていると毎回 同じような曲(またはアーティスト)がかかる気がする。
2) たまに "とばしたくなる" 曲が流れてくる
#つまり、とばさずに聴いた曲はその後かかりやすくなったり、逆にとばした曲はかかりにくくなったりするのだろう。なまじ "とばす" ことができるからよくない気がする。

3) DJ + Assistant (そうでない場合もあると思うが)の陽気な会話が聞こえてくることがなく、ただひたすら曲だけが流れる

というところかな。。
3) なんて、California で 車運転しながらカー・ラジオ(Satellite含む)を聴くことが多いせいなんだろうかなぁと思いますが… (^_^[あせあせ(飛び散る汗)] なんかね、例えば '70~'80年代ロック の局(^_^;; を聴いているとするじゃないですか。そうすると、曲の紹介または終わった後に DJ がその曲の思い出とかちょっとした薀蓄とかを語ってくれるんですよね。 それで、「おぉ、そうそう!」 とか 「ほ~、そんなエピソードがあったのか。」 とか思ったりするわけです。 実はそんな要素が重要だったりするのかなぁ、と思いました。"飽きずに" (お気に入りでない曲も含めて)聴き続けるためには。。。

そんなわけで、Amazon Prime Radio は、"Smooth Jazz" とか "relax" とかのいわゆる "ムード系" (!?) のチャンネルしか役に立ってないな~ と思います。








nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー