So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

ついに観ました!(Bo-Rhap) [雑感]

ボラプ! (っていう略し方、なんか好きじゃなかったんですけれども これ "公式" だったんですね。映画の中で Roger がいってた。。。正確には "ボ・ラプ" でしたけど~~~ (^o^ゞ)

いやぁ~、もう世の中的には(わが家的にも (笑) )と~っても今さらなんですけれど、先月の出張時に機内エンターテインメントで「ボヘミアン・ラプソディ」を観ました。最初の "お食事" が終わってしばらく経って機内の照明が消えてから。。。なんといっても (HTTYD2時の経験から) たぶん、80 %くらいの時間涙を流し続けることが予想されましたからね [もうやだ~(悲しい顔)]

結果はというと、、、多分(HTTYD2 の時と違って)、泣いてたのは 2/3 くらいかな?(十分多いか…!?)基本的には "曲" が流れたらダメでしたが、"ドラマ" 部分はそうでもなかったですかね。。。

いまさらストーリーについてあれこれ言うのはやめましょう。しかし、(史実と異なるかどうかはともかく) 時間が圧縮され過ぎている感は否めない。なにせ、1969年(なんと50年前!?)のフレディ―加入から最初のアルバムのデモ・テープ作成風景を経て Killer Queen (Sheer Heart Attack, 1974年) ヒット後の 1975年の オペラ座の夜(album) 制作過程を経て、そこから一気に The Game (album, 1980年) ~ Hot Space(1982) ~ The Works (1984) を経て 1985年の Live Aid へ、って流れちゃいますからねぇ。。。(すっ飛ばされているアルバムがたくさんありますよねぇ。うちにあるのはそのあたりが多いんですけれども (^o^ゞ)

まぁね、そんなことはどうでもいいです。往復の機内で3回+α 視聴しました。「ボ・ラプ」 の サントラ ともまた違う音の作り方をしている楽曲部分を中心に。なんて、あくまでも機内エンターテインメントのショボイ(?) 環境ですけどね、ヘッドホンは自前だとしても。それでもこの映画用につくり込んだサウンドはエキサイティング [ひらめき] でした[exclamation] さすが、アカデミー賞 (Best Sound Mixing) を受賞した作品です。サイコ-にカッコイイ!! 自分もやっぱりどこかの爆音上映に行きたい気はしますね (^o^)/ でも、やっぱりバンドの演奏部分だけでいいかな~、とも思ったり。。。(^_^ゞ

ところで、予告編映像たくさん公開されていますし、日本のテレビ番組でも何度も紹介されていたりして、「Brian そっくり!」とか、「Roger もいい線いってるかな?」 とか思っていたわけですが。。。 映画を観ていると、(初期の髪が長いころ「いや、どうみてもミック・ジャガーでしょ、コレ」とか思っていた) Rami Malek が もう Freddie そのものに見える瞬間があったし、 John Deacon 役の方は 「う~ん、これって TBS の "花団" の 小栗旬 の役回り!?」と思うくらいいい味出していたし、とにかく映画には "魔法" ってものがあるのだなぁ、と感じました。

いやぁ、映画って本当にいいですね~ < 映画館で観ないでいうなよ[むかっ(怒り)]

#ちなみに、EMI からのデビューにつながったデモ・テープ音源は Queen (album) の Deluxe Edition に収録されているようですね。Amazon Prime 会員の方は(2019-04-10まで限定で[exclamation])下記のリンクで聴くことができます。急げ[exclamation×2]






nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Resurrection - 華麗なる復活 - [歴史]

久しぶりの更新です。書きたいことはいろいろあったのですが… (^o^;

その1)
Bohemian Rhapsody, アカデミー賞4部門受賞! さすがでした[exclamation×2]
実は自分、まだ観ていないんですよね (^o^ゞ いゃほんと、予告編とかサントラ聞くだけで涙がでてきてしまうのでとても劇場で観る勇気がなくて… 今月の出張時の機内エンターテインメントでひっそりと楽しみたいと思います [もうやだ~(悲しい顔)]

その2)
ヒックとドラゴン3(How To Train Your Dragon - The Hidden World -)いまだに日本公開予定は立っていないようですね。一応こんな記事(↓)があって、東宝東和さんで公開時期(!)を検討中のようではありますが[exclamation&question]

ねとらぼ:「ヒックとドラゴン3」日本公開決定か 署名活動発起人が配給元からの連絡明かす !!!!

早くしろ~!とか、いいませんので、是非、本当に 劇場公開 お願いします[exclamation×2]

そういえば、今年のアカデミー賞 長編アニメ部門は "Spiderman - Spiderverse -" でした。って、えぇ? こんなんでアカデミー賞獲れちゃうんだ...[爆弾] 関係者の皆さん、ゴメンナサイ m(_ _)m でも、HTTYD2 のとき(2015年) と比べるとなんだかな~ と思ってしまうのが正直なお気持ちです。来年の HTTYD3 受賞の可能性は…?というと、今年はにっくき Disney/Pixer の Toy Story 4 とかあるし読めませんね。シリーズ最後ということで HTTYD3 に受賞して欲しいと思いますけれど~

その3)
やっと、タイトルにした話題です [わーい(嬉しい顔)]

Bohemian Rhapsody (BR) を(2回)観に行ってから Queen & Brian May 推しになって、一番欲しいギターが Gibson SG (BR 鑑賞前、Angus 命) -> Red Special (Brian のギター) -> 12弦のアコギ ってなっている上の子が(いゃまぁ彼はギター弾き始める前から Queen は愛聴していたんですけれど)、うちのライブラリーの中から Brian May with Cozy Powell の Resurrection という CD を見つけてきました。(下記、amazon のリンク:'93発売時¥2,300だったんですけどなんかけっこうなプレミアがついてますね…)



実はこれは オマケ ではいっていた Brian May and Friends の Star Fleet project の音源(オリジナルの mini LP (Vinyl) 発売時購入!!)が入っていたから買ったもので、タイトル曲を始めとする w/Cozy Powell の曲はあまり記憶になく… 聴いてみたらけっこうなハードロックでした。う~ん、タイトル曲はスゴ~く Rainbow 的な ハードロック ですね (^_^ゞ



このときの Brian May Band では Rainbow の Since You Been Gone なんかもやっていたようです。

で、久しぶりに聴いた Brian と Eddie (Van Halen) のブルースセッション。いや~、やっぱカッコイイっす[exclamation×2]

ちょうど Michael Jackson の Thriller と Van Halen の 1984 の間の時期だったようで(?) 「あ~これ Beat It じゃん」とか「Jump! いや Hot For Teacher?」みたいな Eddie のタッピング・フレーズがでてきて、mini LP 購入当時 ニヤニヤしながら聴いていたのを思い出しました [わーい(嬉しい顔)]

いや~しかし、息子がギター小僧になったおかげで 自分の時間もかなり巻き戻されて、また学生時代にさんざんやっていたセッションがしたいな~ と思っている今日この頃です [ふらふら]



#実は Cozy Powell は自分にとってのヒーローでした。最初に買った Rainbow の LP は Rising (虹を翔ける覇者) でしたが、Long Live Rock 'n' Roll (バビロンの城門 (why?(笑))の Kill the King でやられました。その編のことはまた別記事で。。。

あ~ そういえば!


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

どぶろっく。 [雑感]

[ふらふら][exclamation&question]いや、なんかど~でもいいことなんですけれど。(って、いつもそうんなんですけども (^_^ゞ)

Amazon Music で「ロックヒッツ」っていうプレイリストを聴いていたんですよ。そしたら The Doobie Brothers の Long Train Runnin' が流れてきまして。

スゲー久しぶりに聴いたな~、と思うと同時に、「ちょっとまてよ? コレってなんかに似てない[exclamation&question]」と…

あぁ、あれだ。どぶろっくの「おんなーおんなー・・・・・」ってヤツだ[exclamation] と思って家人に同意を求めてみたら「え?そう!?」というつれない返事でして。。。[ふらふら]

う~ん、わかんないかなぁ… ぜったい この曲に inspire されてると思うけどな~~~~~っということで Google 様に尋ねてみても 同様な指摘は なんと一件 しか見つかりませんでした…(トホホ……)(もしかしてだけど~ が似ているという指摘は2件ありました。でも、それは違うと思うよ…(^^;)

う~ん、絶対関係あると思うんだけどなぁ。皆さんはどう思いますか??(@_@)



(2019-03-10 追記)


タグ:ロック
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Music for HTTYD 3 [雑感]

2019年 明けて一週間がたってしまいました (^_^ゞ
更新頻度の低い当ブログですが、本年もお付き合いいただけましたら幸いです。

前々記事(2018-12-17) に続いて今回も全米公開間近な 映画 ヒックとドラゴンの3作目、How to Train Your Dragon - The Hidden World - の音楽についてです。

まず、1月5日に DreamWorks Animation の公式 Twitter アカウントで「(composerの)John Powell 氏によって HTTYD3 のサントラの tracklisting がアナウンスされた」とのツイートがありました。(ツイートへのリンク [注[exclamation×2]:曲名リストをみるとあらすじの想像ができてしまったりするのでそれを望まない方はツイートは見ない方がよいと思います[exclamation]] )

う~ん、楽しみだ~~~! 以前のこの記事(2018-6-9) で書いた通り、今回も Jónsi 氏も参加しているようです。

が、、、 以前の記事では Trailer (予告編) で使われている音楽を聞いて "歌つきの曲(の声)もこれまでと同じ Jónsi のように聞こえます… (気のせい?) が、実際のところはどうなんだろう…?" なんて書いたのですが、Trailer (数種類が公開されています) で使われている音楽はサントラに含まれるものとはまた別なようですね… YouTube で聞き比べたところでは以下の2曲があるようです。

一つ目は最初に公開された Trailer で使われていた曲 - Castle on the Hill (Ed Sheeran)



そういえばこの曲、正月帰省の帰り道の車の中でたまたま聞いていた FM でかかったんですよね。とくに HTTYD の映画のこととかには触れられることなく、ふいに流れて来たんですが ビックリしたことにはうちの下の子「あぁ、これ聞いたことあるね。ヒックとドラゴンの YouTube (Trailer/予告編) で流れてた[るんるん]」 と耳聡く指摘しておりました (^_^;; 調べたところによるとこの曲は 2017年に発表されてそこそこヒットしたものであり、かつ以前に 20世紀Fox 制作の他のアニメ映画 (+TV Series) Ferdinand の予告編でも使われていたのだそうです (@_@;)

そしてもう一曲は2つ目の Trailer で使われた Learning to Fly という曲。これは Tom Petty の曲を Hills x Hills というアーティストがカバーしたもののようです。



Tom Petty のオリジナルは割と普通のロックな感じなのですが、このカバー・バージョンはとてもドラマチックにアレンジされていて HTTYD の世界観にとてもマッチしていますね。しかも Trailer の中では途中で HTTYD のメイン・テーマがかぶってきたりして、もう間違いなく "涙モノ" です。(この曲が流れる Trailer も埋め込んでおきます)


(って、この Toothless ちょっとコワいですね…[ふらふら]

どうせならこれらの曲たちもサントラに入れてくれたらいいのになぁ、と思ってしまうんですけどねぇ [わーい(嬉しい顔)](ダメかなぁ~~~[もうやだ~(悲しい顔)]


[2019-01-27 追記]


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

たまにはギターを弾いてみた。 [日常]

冬休みに入って早々、高校生の上の子は学校の友人たちと泊りがけで出掛けて行きました。

普段、夕食後の小一時間、彼の部屋から漏れてくる歪んだエレキ・ギターの音をほぼ毎日聞かされているわけですが、その音の発生主が不在のためそれが聞こえてこない。

他の家族は「あぁ、静かでいいな。」と思っていたりするのかもしれませんが (^ ^;; 自分は 何か物足りなくて…(笑) 子供の部屋から彼が普段使っているギターと小さなアンプを自室に運んでちょっと弾いてみようか、と。

すると、家族の一人からは「部屋のドア閉めて~! ん~もぅ、せっかく静かだったのに(怒)[exclamation×2]」との声が飛んできました [ふらふら] まぁ、仕方ないですよね。子供もいつもドアを閉めることと音量を注意されてますからね。「やめて[むかっ(怒り)]」といわれないだけ有り難いと思わなければ。(その声の主もかつてはハードロック ギタリストだったんですけどね[わーい(嬉しい顔)]

で、弾き始めた曲はいつも聞かされている AC/DC の何曲かと Smoke on the Water のギター・ソロ部分、あとは Ozzy や Van Halen の曲などなど。元音源を鳴らしながら一緒に弾いてみましたが、いやいや、ちょっとテンポを落とさないとついていけないじゃん[がく~(落胆した顔)]
とまぁ、そんなことをしていたら下の子が「お兄ちゃんの代わりに弾いてるの?」と言いにきましたよ[わーい(嬉しい顔)] う~ん、「なんか物足りないから弾いている」ってことはそういうことになるのかな(笑)

うちの子がギターを毎日のように弾くようになってから16カ月と少したったわけですが、彼がいつも弾いている曲のうちいくつかについてはもう彼の方が上手いですね。まぁ、まだ細かいニュアンスの出し方については自分の方が勝っていると思いますが、とりあえずそれっぽく弾く、という意味ではかなり弾けるようになっていると思います。

ちょっと、子供に負けないように自分も毎日少しでも弾くようにしていこうかな、とあらためて思いました。

しかし、ほんとうに今は便利なツール(とりあえず "ほぼ" なんでも聴けるYouTube だけでなく音程変えずにテンポ変更が可能な音楽再生アプリ、TAB 譜表示アプリなどなどなど…)がたくさんあってうらやましいですね。 自分が高校生のころにこれらがあったら楽しかっただろうなぁ。ま、それらがあったら "もっと"上手くなっていたかどうかはまた別の話ですけどね[exclamation]


nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -